2006年01月13日

日本のドラマ

昨日日本のドラマを見ました
「電池が切れるまで」と言う題で、子供病院の中にある院内学級のお話です

初回から涙なしでは、見られませんでした
色々と考えさせられる物があり、同時に私はとてつもなく幸せなんだと実感しました

幸せと言うのは、慣れてしまうと、つい何でもない事に不満を感じたり、他の人がうらやましく思えたりして、自分が本当に幸せだと言う事を忘れてしまいます。

このドラマを見て自分がなんてわがままで、感謝の気持ちがないんだろうと、反省させられました

こういう自分を見つめなおす事と言うのは大切ですね
この気持ちを忘れないようにしたいです

ニックネーム リカ at 07:43| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする