2006年05月10日

SAYURI

週末に映画を見ましたTV
ちょっと出遅れましたが、見たのは「SAYURI」日本でも話題になったと思いますが日本の芸者さんを題材にしたハリウッド映画ですexclamation

感想は。。。。いまいちでしたたらーっ(汗)

話を聴く限り「よかったよ〜」と言う意見が多かったので期待が大きかったせいかもしれないけど、長いし話の展開が遅く感じれてちょっと退屈な気がした

主役の女優さんが日本人ではないと言うのもがっかり。。
誰かいなかったんだろうか?
まあハリウッド映画でほとんどが英語だったから、それも関係しているのだろうけど

ところで、芸者さんについて、知っているようで実はよく知りませんでしたふらふら
ダミちゃんに質問されてもあやふや
一番の疑問は「芸者さんは体を売るのか?」と言う事
ネットでちょっと調べてみたけど、詳しく書いてあるのは見つけられず、大体が「基本的には体は売らず芸を売る商売、現在体を売ることはまずないけど、古い時代はお金の為にそうすることが多かった」と言うような書き方をしていた。

でも私は舞妓さんが芸者になる時に旦那が処女を買うものだと思っていた・・・

原作はモデルとなった人から事実と違う理由で訴えられたと聴いたけどちょっと読んでみたい

こちっらに来て、恥ずかしながら私は日本人なのに日本の歴史など、日本について知らないことが多いことを実感させられました
これを機会に、外国の人たちに質問されても恥ずかしくないようにちょっと勉強してみようかな〜って思いますexclamation×2

ニックネーム リカ at 08:43| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タッチもオージーのママ友が
さゆりの本を読んだ後感動して
色々と芸者さんについて質問してくるのですが
いざとなると説明できない!?
何もしらない!なんなら本読んだそのオージーの方が詳しかった…

ちょっと反省です。
Posted by タッチ at 2006年05月10日 09:36
そう、特に海外に住むと自分の語学力と自分の国について詳しく知らないおバカが出てしまう(笑)。
歴史なんて「いい国作ろう鎌倉幕府」の年号だって、はて?いつよ?いい国・・・だから1192年だっけ?
私も本来の芸者さんの意味は「おもてなしの際に芸を見せる」ということくらいしか知らない。
その体を売る行為は、どこから繋がったのかな?
Posted by ふう at 2006年05月10日 11:42
主演女優を探すオーディションの模様を以前テレビで見たのですが、やっぱり英語がネックで日本人では無理だったのですね^^;

ワタシの中では、仲間由紀恵さんのイメージなんですが
っていうか原作読んでないのにどんなイメージなのか(爆)

Posted by ここまま at 2006年05月10日 19:02
私も映画が好きでよく一人で行くんですが
「SAYURI」は見てないですぅ〜
他人が良かったものでも実際観てみるとそうでもないっていうことの方が多いかも?です(笑
何本か観たいものがあるんだけどなぁ〜〜
来週辺り行ってこようかな(#^.^#)
Posted by mieママ at 2006年05月10日 22:48
タッチさん
そうそう私もありますよ〜
外国の人から初めて聞いて知ったりね!!
私も料理は好きだったけど、巻き寿司は作ってなくてシェアメイトの日本好きオージーから習って作ったのが最初だったんです(笑)
彼女は得意げに「私は教えたのよ〜」って自慢してました♪
Posted by リカ at 2006年05月11日 06:46
ふうさん
現代の日本についても知らないこと多いけど、歴史になるともっとダメ!!
地理もダメ(@_@)
いい訳だけど私は理系だったんで。。。
Posted by リカ at 2006年05月11日 06:48
ここままさん
そんなのがテレビでやってたんですね〜
私も見たかったな
仲間由紀恵さんのお名前よく見るんですがこの方は。。。??
女優さんかな?最近の人かな??
たまにテレビ見ても知らない人ばっかですよ〜(T_T)
Posted by リカ at 2006年05月11日 06:51
Mieママさん
私も映画好きです〜
南極物語のリメイク版が今やってるんですよね〜
あとミッションインポッシブル3とX-MEN3も見たいんだな〜〜
男の子っぽいけどスパイダーマンとかそっごい好きなんです!!
3が来年5月頃に出るみたいですね♪
Posted by リカ at 2006年05月11日 06:55
ちょっと、見てみたかったけど、あくまで外人の描いた日本像だろうな〜と思うわ。
仲間由起恵さんは、今、日本の大河ドラマの主役をはる、若手の中では、実力派の女優さんですよ!

で、「芸者」はね。
基本的には、体は売らないんだって。
「芸は打っても体はうらない!」ってポリシーをもって、花嫁や花魁が右手で着物の褄をもつのに、芸者さんは左手で着物の褄をもつらしい。
だから、芸者の着物スタイルを「左褄」ってよばれることもあるんだって。

一人の旦那さんにつくして、お金をもらうこともあったけど、それすら、いやで、一生旦那をとらない芸者さんもいたらしいよ。
まあ、貧しい時代は、身売りする芸者さんもあったらしけど。
体を売るのは、「遊女」。
芸を売るのは「芸者」と線引きがあって、芸者さんは、かなりポリシーのある職人さんだわ。
今、少ないけどね。
京都の祇園さんには、置き屋があり、今でも芸者さんの名前が玄関にかかっているよ。
Posted by 鈴 真由 at 2006年05月12日 11:46
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/296192

この記事へのトラックバック