2005年08月15日

ボブがやってきた〜その後2

2回目のパピースクールるんるん
今回は悪い事をした時にどうするか、私たちが一番習いたかったこと。

トレイナーのおじさんの説明によると、犬が相手に警告をあたえる時に「唸る」からこれと同じ音を出すと犬たちは「やばい」と、思うらしい。素人の私達は、ん〜なるほど〜と言う感じ、まず、一人ずつその声を出してみる、そして犬が私達の方を見てじっとするといいらしい、みんなちゃんと飼い主を見た、でもボブはふらふら
私たちの声なんて聞こえてないexclamation×2
先週と同じく、あ〜そ〜び〜た〜い〜と言う感じでバタバタしている・・・
完全に興奮状態、トレイナーのおじさんは、「家で落ち着いた時に試してください」
かなり期待していただけに不安がよぎる・・・大丈夫かな・・・

今度はリードをつけて歩いてみる。
これも結果は同じ、他の犬に気がいってちゃんと歩くなんてとんでもない状態
ここで薦められたのはチョークチェーン、はじめてみるのでちょっと抵抗があった、ボブの場合は特に引っ張っていたし、めちゃめちゃ咳き込んでいた。
取りあえずは試してみるが、全然ダメ、話にならない、そこでトレイナー「ダメだよそんなじゃ、ちょっとかしてごらん」
でも結果は・・・全然ダメ
トレイナーは「毎日の積み重ねだから家でもがんばって練習してね」
なんだか、そっけない・・・
よそ犬はちゃんと歩いてるな〜
それから、トレイナーのおじさんボブをなんだか避けてるような・・・
いい子ばっかり相手にしてるみたい。
宣伝ではすごい事かいてるのに、たいしたことないね〜ダミちゃんとぼやく

もったいないから全部出席したけどあまりプラスにならなかった。
後で思ったがパピースクールってこんなものかも知れない、基本的なことだけで応用はないのかも、それにあの唸り声を出すのは喉が痛くなっただけでボブには全く効果なし、犬によるのかも知れない。

ボブの悪さ振りは増すばかり、それにマンションにペット禁止の張り紙が(電話で問い合わせた時はOKと言われたが誰だったか名前もわからず出ないといけなくなる)
張られたので、引越し先も探さないと・・・

ボブを飼った事を後悔し始める今日この頃・・・

つづく



ニックネーム リカ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブうちの子になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/45574

この記事へのトラックバック