2005年08月17日

ボブがやってきた〜その後4

引越しに向けて行動を開始した。
何件かめぼしい所を見つけたので、家を見に行く車(セダン)
私たちの希望はちょっとお庭があって、駐車場付、一部屋はシェアで貸すつもりなのでもう一つスペアルームもと言う事で3ベットルーム。

1件目、いまいち。
2件目、まあまあ
3件目、今までで、一番いいexclamation×2場所よし、おしゃれ、おまけに新築で私達は一目ぼれしてしまったるんるん
ただ・・・家賃が予算オーバーふらふら私の働きがないとやっていけない、今まで私の収入は貯金に回ってた、ここに引っ越すと貯金がかなり減る、それに自由になるお金も減る
二人で悩みに悩んだあげく、やってみようと言う事にひらめき
だめだったら、また引っ越せばいいかと決めてしまいました。

これも後で後悔する羽目に・・・

さて引っ越しして、近くにもいい公園があるし快適な生活が待っているはずexclamation&question
だったのですが・・・・

ここは、新築でお庭にもきれいに植木が植えてあって、簡単なスプリンクラーもついていた。
こんなに早く植木が全滅してしまうなんてもうやだ〜(悲しい顔)
そうよね〜犬だもんね〜掘るよね〜全く考えてなかったもうやだ〜(悲しい顔)スプリンクラーも1ヶ月かそこらで破壊され、そして相変わらずドアをガシガシふらふら大家さんから注意が来た。(実は大家さんはペット許可にしてなかったが、不動産屋のミスで私たちを入れてしまったので大家さんは私たちの事をあまり歓迎していなかった)

庭はまた植えればいいし、このスプリンクラーもそんなに高い物じゃなかった、けどドアとなると金額も相当、もともとが新品だけに傷が目立ちそうあせあせ(飛び散る汗)
おかげで快適な生活どころじゃなくストレスはたまる一方

ダミちゃんと相談して、ボブが6ヶ月頃になったらちゃんと訓練をさせようと話していたけどそれを早める事に、ボブは今3ヵ月半。
色々電話帳で調べて探してみて一番説得力があったのは警察犬も訓練していると言う所、年齢のことを聞くと、「大丈夫です」ここはかなり自信ありげ、保障付きでまた問題があればいつでも連れてきてくださいとの事。
2週間泊り込みで$550他の所に比べても高くはない。ここに決めたexclamation×2

ボブを車に乗せてさあ〜出発車(セダン)車で1時間半くらい、けっこう遠い
着いて受付に行くと犬好きそうなおじさん?(おじいちゃんに近いかも)がやってきてあっといまにボブを連れて行ってしまった。

寂しいような、ちょっとほっとしたような複雑な感じ、少しばかり育児ノイローゼのような感じだったので、ダミちゃんは「2週間ゆっくりしたらいいよ」
2週間後どうなって帰ってくるんだろう?
本当にいい子になってくるのかな?
パピースクールの事がよぎったが、今はいい事だけを考える事に・・・

るんるんボブ、2週間がんばってね



ニックネーム リカ at 18:27| Comment(3) | TrackBack(0) | ボブうちの子になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

ボブがやってきた〜その後3

さあ〜ボブの悪さ振りは増すばかりexclamation
この頃私は観光客相手の毛皮、ニット製品のお店で週に2-4日働いていた。
私が家にいる時は散歩したり、遊んだり以外は大体お昼ねでおとなしくしている。
問題はお留守番exclamation&question

はじめに買った犬小屋にボブがトイレをし始めたので、これは畳んでしまいこみ、代わりにバスケットを買ってきた。
これは気に入ったようでいつもここで寝ている。
夜も、カーテンを閉めて暗くするとちゃんと寝ている、でもちょっとでも私たちが見えるとワンワン、ガシガシふらふら
ペット禁止の張り紙を見て以来気が気ではない、なかなかいいところも見つからないし・・

ある日私が仕事から帰るとダミちゃんが「外、すごいころになってるよ」と沈んだ顔。
ベランダを見ると、バスケット半分とトイレが・・がく〜(落胆した顔)無残な姿に
疲れた体に追い討ちをかける様なこの出来事
新しいトイレを作って、バスケットはまだ底が無事なのでそのままに。

それからと言うもの、2回に1回の割合で、トイレが破壊されていた、ただ、他には壊れる物がなかったのでよかった。

一番掃除が大変だったのは、その日私がいるので大丈夫かなと油断してしまい、洗濯物を外に干して、その物干しが風が強く倒れるので砂を入れた物で錘にしていた、「何かボブおとなしいな〜眠ったかな?」ベランダを見ると、いないひらめき
やばいと思ってベット側のベランダへがく〜(落胆した顔)
ベランダがビーチに・・・・泣きそうな私にボブは「あ〜楽しかった〜」と言う感じでしっぽふりふり、油断した私が悪かったあせあせ(飛び散る汗)

しかし、他の人の話を聞いたりHPを見たりすると、こんなもんじゃない、この時ははじめての犬だし、それなりに大変で子犬時代のボブと楽しく過ごす余裕がなかった、もっと子犬のボブと楽しめばよかったな〜


続く
ニックネーム リカ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブうちの子になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

ボブがやってきた〜その後2

2回目のパピースクールるんるん
今回は悪い事をした時にどうするか、私たちが一番習いたかったこと。

トレイナーのおじさんの説明によると、犬が相手に警告をあたえる時に「唸る」からこれと同じ音を出すと犬たちは「やばい」と、思うらしい。素人の私達は、ん〜なるほど〜と言う感じ、まず、一人ずつその声を出してみる、そして犬が私達の方を見てじっとするといいらしい、みんなちゃんと飼い主を見た、でもボブはふらふら
私たちの声なんて聞こえてないexclamation×2
先週と同じく、あ〜そ〜び〜た〜い〜と言う感じでバタバタしている・・・
完全に興奮状態、トレイナーのおじさんは、「家で落ち着いた時に試してください」
かなり期待していただけに不安がよぎる・・・大丈夫かな・・・

今度はリードをつけて歩いてみる。
これも結果は同じ、他の犬に気がいってちゃんと歩くなんてとんでもない状態
ここで薦められたのはチョークチェーン、はじめてみるのでちょっと抵抗があった、ボブの場合は特に引っ張っていたし、めちゃめちゃ咳き込んでいた。
取りあえずは試してみるが、全然ダメ、話にならない、そこでトレイナー「ダメだよそんなじゃ、ちょっとかしてごらん」
でも結果は・・・全然ダメ
トレイナーは「毎日の積み重ねだから家でもがんばって練習してね」
なんだか、そっけない・・・
よそ犬はちゃんと歩いてるな〜
それから、トレイナーのおじさんボブをなんだか避けてるような・・・
いい子ばっかり相手にしてるみたい。
宣伝ではすごい事かいてるのに、たいしたことないね〜ダミちゃんとぼやく

もったいないから全部出席したけどあまりプラスにならなかった。
後で思ったがパピースクールってこんなものかも知れない、基本的なことだけで応用はないのかも、それにあの唸り声を出すのは喉が痛くなっただけでボブには全く効果なし、犬によるのかも知れない。

ボブの悪さ振りは増すばかり、それにマンションにペット禁止の張り紙が(電話で問い合わせた時はOKと言われたが誰だったか名前もわからず出ないといけなくなる)
張られたので、引越し先も探さないと・・・

ボブを飼った事を後悔し始める今日この頃・・・

つづく



ニックネーム リカ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブうちの子になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

ボブがやってきた〜その後1

ボブがやってきてから、1週間くらいはおとなしかった、がむかっ(怒り)
それを過ぎると緊張が解けたのか、本性が現れたのか、ベランダに出していると、「中にい〜れ〜て〜」と吠え出す、そしてサッシをガシガシ引っかく、とにかくどうしつけていいかわからずパピースクールを申しこんだ。

週に1回、月に4回で80ドルくらい、4-5人(匹)でのグループレッスン
ボブ以外は小型犬と中型犬、テリア、ジャックラッセル、コッカスパニエル、みんな大体おとなしく飼い主の横についている。
ボブは他の犬と遊びたくて仕方がない、リードバンバン引っ張って一人でバタくらっているふらふら
しまいには首が絞まって、げほげほ、ゼ〜ゼ〜、ハ〜ハ〜
ちょっと恥ずかしい・・・

初回のレッスンはトイレトレーニングの仕方
トイレに関してはボブはまったく問題なく、すぐに覚えてくれてたのでこの日はちょっと退屈。
次回は悪い子をした時のしかり方とリードでの歩き方、すごく楽しみ!!
さあ〜これでボブはいい子になるのでしょうかexclamation&question


ニックネーム リカ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブうちの子になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

ボブがやってきた〜2日目

一晩明けて、心配だった私はかなり早く目が覚め、ダミちゃんも同じだったようで、二人でボブの様子を見に行く。
まだすやすやと眠っている、が、???ん〜??
はめているはずの首輪がexclamation&questionない・・・あれ〜
首輪はボブの隣にちゃんとある、「なんで外れたのかな?」
うろうろと見回してみるとひらめき
な・なんとexclamation×2隣の家のベランダに、こんもりとうんちが・・・・ふらふら
「ねえねえちょっときて〜」とダミちゃんを呼ぶexclamation×2
「どうしよう、どうしよう」
隣との隙間は10cm位だっただろうか、まさかと思ったけどわざわざお隣にまで出かけてトイレをしてきたみたい。

「取り合えず隣に言ってくる」と、ダミちゃん、でもお隣は留守のようなので手紙を置いておいた。(お隣さんはインドネシアに住んでいてシドニーには年に何度かしか来ない為このウンチはカピカピになるまで、お隣のバルコニーにありました)

早速トイレトレーニングで、ご飯の後、起きた時、トイレに連れて行く。
おしっこはちゃんとトイレでしてくれるけど、うんちは一緒の所ではしてくないみたい。
やっぱりトイレの横でしてる、でもすぐとればいいか、と結局そのままに。

ところが、私が気づかないでトイレに連れて行かなかった時、犬小屋の中でおしっこもうんちもしていたもうやだ〜(悲しい顔)どうして〜?
でもまだ二日目だしねるんるんそのうち覚えるよ、といつもの調子のダミちゃん
そうね、まだ二日目、きっとこれから色々あるんだろうな〜

続く


ニックネーム リカ at 20:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ボブうちの子になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

ボブがやってきた日〜その2

さて、おうちに着いてボブを降ろしたとたんexclamation&question
いきなりカーペットの上に大量のおしっこがく〜(落胆した顔)
あわてて新聞持ってきて拭いていると、その隣で今度は大量のうんちふらふら
まさにダブルパンチexclamation×2
でも、車の中じゃなくてよかった〜あせあせ(飛び散る汗)

取り合えずはベランダに出す事にした。
ここのベランダはかなり広くリビングからベットルームまでつながっているので、リビング側に小屋をおいて、ベットルームの側にトイレをおくことにした。
トイレは空き箱に新聞を敷いただけの簡単なもの、小屋にはいらない毛布を敷いた。
ちょっと汚れていたので、まずシャンプー、そしてごはん。
ごはんの時の待てはすでに癖がついていた、お座りもOK、トイレを教えなくてはいけない。
ごはんの後もよおしてきた様子なのでトイレに連れて行くと、ちゃんとしてくれた、出だし好調るんるん
ただ、同じ所にうんちはイヤみたいでトイレの横に。

その後はおねむのよう、でも怖がって小屋に入らない・・(後で分かったが、大きすぎたよう)小屋の入り口に毛布を置くとそこですやすや、早速へそ天で爆睡exclamation

ダミちゃんが慣れるまでは一緒に寝たほうがいいのかな?と言うけどせっかく、すやすやと寝てるし大丈夫よ!

ベランダから落ちる事はないと思うが、一応リードを2つ、つないでから寝た。
夜中何度か起きて様子を見に行ったけどすやすやと寝ている眠い(睡眠)
夜鳴きを心配してたけど、まずは一安心、でも大変なのは、これからです・・・

続く・・・
ニックネーム リカ at 09:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ボブうちの子になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

ボブがやってきた日〜その1

初日の日記にも書いたとおり、ボブは2003年12月23日にクリスマスプレゼントでダミちゃんが買ってくれた。新聞でラブとゴールデンのミックスを見つけて、買うなら絶対これがいいexclamationと、決めていた(安かったしexclamation&question
ただ、結婚式も控えていたし、その頃は私も働いていたのでちゃんと世話が出来るか自信がなかった。
ダミちゃんはその気満々るんるん「これはりかへのプレゼントだから世話は全部僕が責任を持つ、出来る時に手伝ってくれればそれでいいよ」なんて優しいの〜と、と思う反面ほんとかな?いまいち、手放しで喜べない・・・
でも、色々話しているうちに私も我慢できなくなってきて、結局飼う事に。

3時ごろ電話して見に行きたいと言うといつでもOKとのこと、早速車を飛ばした車(セダン)
当時私たちが住んでいたとこから1時間弱のところ、家の近くに着いてちょっとドキドキしてきた、二人で「どうする?今日連れて帰るの?」なんて話しながら、コンコンとノックした、とても愛想のいいおじさんが出てきて、わんこ達はお庭いるとの事。
裏側にあるお庭に行くと子犬が2匹、まず黒いほうが飛びついてきた。

ボブのお母さんは小さめで黒ラブ、お父さんはでかくて白っぽいゴールデン、全部で5匹生まれたけど、2匹は死産だったらしい。
黒2匹に黄1匹、1匹はもう売れていた。
まず、ボブの第一印象で、でかい・・・10週間ってこんなにでかいの?「思ったより大きいな」と言うと「この子は大きく生まれたんだよ」
もう一匹の黒いのと比べると結構違う、この子はもう売れているので、結局残ってるのはボブのみ、でも性格はおとなしそうだし、ダミちゃんもOKだし、決めちゃおうかexclamation×2
と、かなり即決exclamation×2
帰りの車の中ではおとなしくて顔をずっと背けていたので、家族から引き離して悲しいのかな?嫌われたかな?ちょっと心配・・・
ボブのお父さん、お母さん悲しそうな顔してた、ゴメンね〜あせあせ(飛び散る汗)

さて、途中で色々お買い物、まず犬小屋これはどうせ大きくなるからと、一番大きいの、そして首輪とリード、これはどうせすぐに買い換えないといけなくなるので値段のお手ごろな物、あとブリーダーさんに薦められたドックフードなどなど。
さあ、もうすぐおうちだ〜が、この後とんでもないことが・・・・

つづきはまた次回ということで、次回は写真も付けたいと思います


ニックネーム リカ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ボブうちの子になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする